賃貸のマンションでも実質はアパートの物件あり

賃貸のマンションでも実質はアパートの物件あり

賃貸のマンションでも実質はアパートの物件あり

賃貸を借りるときに最も注意するべきことの1つは騒音問題であります。過去にその騒音問題で苦しんだり訴訟になったりなどしたことは数えきれないくらいあり、それのために多くの人はできるならば戸建ての住宅に住みたいと考えているのはそのためであります。そのためできるだけ騒音レベルが低い物件を探さなければならないわけですが、マンションという名前がついていてもひとくくりでアパートとは騒音レベルが低いから大丈夫なのだと早計してはならないのであります。

ではなぜ賃貸を探すときにマンションという名前だけでアパートよりかは騒音レベルが低いと思い込んではならないのかというと、それは物件によって材質や工法が違うからなのですが、それは建物の外壁だけでなく隣との部屋の仕切りも違っていたりするのです。特にその隣との部屋の仕切りの工法については壁式と呼ばれる工法やGL工法など何種類かあるわけですが、後者の特徴は壁を叩くとコンコンとまるでカベが安っぽいので出来ているかのような音がするのが特徴でして当然隣から漏れてくる音の大きさも違ってくるのです。というわけで部屋の下見をする際には壁を叩いてその音で判断して騒音レベルの高いか低いかの判断をして検討をしないとならないのであります。

Copyright (C)2016賃貸のマンションでも実質はアパートの物件あり.All rights reserved.